MS2のコンテンツ管理機能にオープン型DRMインタフェースを付加

2011年10月3日

株式会社ユビキタス・ビジネステクノロジー

当社は、スマートフォンサイト・サポートの本格化に伴い、MS2のコンテンツ管理機能に、オープン型DRMインタフェースを付加しました。

当初は、NTTドコモで11月からスタートする新SPモードに対応するため、MicrosoftのPlayReadyのサポートを想定しておりますが、その他のDRMシステムにも対応できるように内部的にはオープン型DRMインタフェースを想定した設計としました。

これにより、コンテンツサイト制作を行なうプロバイダは、極めて容易に、開発を必要とせずに、さまざまなDRMを有効活用することができます。

お問合せは、こちらにお願いします。

※PlayReadyは、Microsoft Corporation の登録商標です。

コメントは受け付けていません。