MS2

プログラミング不要で開発・管理・更新

今までは、各キャリアに対応した高機能な携帯サイトを開発するためには、専門の技術者によるプログラミング作業が必須でした。日々増加している競合サイトに対する競争力を維持するために、新規コンテンツやサービスの即時投入や状況に応じたサイト変更の必要性が叫ばれる中、開発・運用を行なう有能な技術者を確保することはコンテンツプロバイダの方々に大きな負担になっていたのではないでしょうか?

時代は変わりました。これからの携帯サイトはプログラミングを必要とせず、技術者でなくても迅速に開発・運用することが出来ます。更新頻度を上げ、サイトの鮮度を向上させ、会員を増やし、売上げをアップさせながら運用のコストを抑える。以前では不可能だと思われていた要求を可能にするツール。それがブロックで携帯サイトを開発するツール「MS2」です。

モバイルサイトを構築する際に必要な機能をブロックとして整然とリスト化

ブロック内に各機能が用意されていますので、サイト開発・運用者はブロックを積み重ねていくイメージで新規に必要になった機能の投入や入れ替えを迅速に行なう事が可能です。

ブロックを組み立てていく際にプログラミングは必要ありません。すべてWEBベースのGUIツールで作業を行なうことが可能です。開発運用を行なうための技術者をその目的のために必要とせず、企画担当者がいつでもサイトの変更を行なうことが可能となります。構築時だけでなく、日々の運用に時間や手間の負担をなくすことができ、運用コストの大幅な削減を実現できます。

会員を増やし、売上げをあげ、かつ運用をらくにするシームレスなPDCA機能

会員数を増やし、売上げを伸ばすには、コンテンツの投入や日々のサイトの更新、リニューアルなど、会員を空きさせないようにする調整が非常に大事なのは言うまでもありません。

プランを作り、サイトの修正をし、コンテンツの入れ替えを行い、テストをし、その結果をリアルタイムに見ながら次のプランを考えていく。

携帯ユーザーや会員のニーズが見えにくい中、リアルタイムの状況を把握し、迅速にプランを検証していくことは、非常に重要です。

MS2は、この延々と続く作業を非常に効率よくシームレスな環境で管理することができるのです。

MS2紹介サイト MS2.jp へ

コメントは受け付けていません。